自転車競技について

ピスト競技

自転車専用のトラック(バンク)で行われる競技。競技にはシングルスピード固定ギヤのレーサーが使われます。日本では競輪が一般的に知られていますが、他にもさまざまなレースが行われています。
主な短距離種目
タイムトライアル 男子1000m/女子500m
静止状態からの個々の完走タイムを計測し速さを競うレース。1000mの場合タイムは日本のトップクラスで60秒強。時速にして58km/h程に達します。マックスパワーの大きさだけでなく、パワーを維持するための高い循環器機能が要求されます。
タイムトライヤル
スプリント
2〜4名の競技者が合図と共にスタートし先着を競うレース。ゴール前200mの全力ダッシュに賭け、先行か追い込みか仕掛けのタイミングをめぐり駆け引きが繰り広げられます。ダッシュ力、マックススピードはもちろん、展開を読む頭脳や、勝負感が求められます。
スプリント
チームスプリント
1チーム3名の団体戦。バンク3周の完走タイムを競うレース。先頭選手は風圧を一身に受けながらバンク1周全力で仲間を引いた後に離脱していき、3周目は残った1名による単独の「もがき」となります。3人の脚質の微妙な違いを有効に活かす走順が組まれます。
チームスプリント
ケイリン
日本で生まれた「競輪」が国際種目としてKEIRINとなった種目です。6〜8名の競技者がペースメーカーの先導で周回しながら有利なポジションを得るための駆け引きを展開。ペースメーカーが退避すると同時に壮絶な仕掛け合いが繰り広げられます。
ケイリン
■主な中距離種目
個人追抜 男子4000m/女子3000m
     男子Jr.3000m/女子Jr.2000m

ホーム線とバック線の位置に相対する2名の競技者が号砲を合図にスタートし、互いに半周先を走る対戦相手の追い抜きを目標に、追い掛け合うレースです。追い付かない場合は所定の距離を完走し、その完走タイムで勝敗が決まります。
個人追抜 男子4000m/女子3000m      男子Jr.3000m/女子Jr.2000m
団体追抜き
個人追抜の団体板。1チーム4名で編成し、空気抵抗による減速と疲労を避けるため先頭交代をしながらチームワークで走行します。
団体追抜き
ポイントレース
20〜30名の選手がバンク上で同時に戦うレース。2kmごとに1位通過=5点、2位通過=3点、3位通過=2点、4位通過=1点、その他周回UPした選手に20点が与えられ、この獲得ポイントを競い合う競技です。同ポイントの場合はゴール時の着順でによって勝敗が決まります.
ポイントレース
ロードレース
主に一般道で、変速機のついたロードレーサーで行われる競技です。ツール・ド・フランスやパリ・ルーヴェなどが世界的に有名。日本でもジャパンカップなど有力外国チームが招聘されるレースが開催されます。
個人ロードレース
ツール・ド・フランスなどで知られる一般道(交通規制)を使って行われるレース。着順によって勝敗の決まる個人競技ですが、チームとしてエントリーすることが主流なため、各チーム内に存在するエースを勝たせるためのチームワーク、戦略を競い合う団体戦としての色彩も合わせ持つ奥の深い競技です。
「ワンデーレース」と「ステージレース」に大別され、前者は1日だけ開催されるレースの着順のみで勝敗が決するのに対し、後者は数日間連続して開催されるレースの一日ごとの完走タイムの累計が最小だった選手が総合優勝となります。
個人ロードレース
個人タイム・トライアル
競技者は1人づつスタートし、設定されたコース(主に封鎖された一般道)の走行タイムを競い合うレースです。バイク、ウエア、ヘルメットなど空気抵抗を極限まで減少したタイムトライアル専用の機材を使用して行われます。「ステージレース」の日程に組み込まれることもあります。
個人タイム・トライヤル
MTB
オフロードでマウンテン・バイクを使って行われる競技で、ロードレースと同様に全選手が一斉にスタートして着順を競います。起伏にとんだ山岳コースが舞台となるため、パワー、持久力はもちろん、バイクを操るテクニックも大変重要な競技です。
また、スキー場等に特設された下りのオフロードコースを1人づつ走破し完走タイムを競い合う「ダウンヒル・レース」もあり、こちらは前後サスペンションや大型のディスクブレーキなどが装備されたモトクロス用のオートバイのような専用機材で争われます。
MTB